【初心者でも分かる】はじめてのアクセス解析!まずは用語を知ろう

Webサイトを運用し始めると、同時にアクセス解析を行う必要のある方もいるのでは?

アクセス解析を行っていく上で、知らない単語が次々と出てくるかと思います。
解析を見ていく上で困らないように、

アクセス解析に関係する用語
『サンクスページ』『リファラー』『直帰率』『離脱率』

この4つの語句について見ていきましょう!

サンクスページとは?

ネットショッピングでの購入や資料請求などを済ませると、
【お買い上げありがとうございます!】といったようなページに行きませんか?
あのページこそ『サンクスページ』です!

購入や申込みをしてくれたユーザに対する感謝の気持ちを伝えることはもちろん、
クーポンの発行、コンテンツの紹介やSNSの紹介など、
他の商品やサービスにも興味をもっていただける機会を作るページとなります。
ビジネス・サービスサイトの場合は、申込みの流れを入れるのも有効な手段となります!

さらに、サンクスページのアクセス解析(アナリティクス)を見ることで、

  • ユーザーがサンクスページにたどり着いた経緯
  • 売上の管理や顧客情報の管理

といった情報が分かるようになります。

このデータをもとに、売上アップの戦略を練ることもできますね!

リファラーとは?

皆さんは、サイトに入る際にどこから入ることがありますか?
Googleによる検索、SNSの投稿、またはニュースサイトのリンクURLから…?
方法は様々ですよね。
このサイトに入る前のリンク元ページを『リファラー(参照元)』といいます。

つまり、Google検索をしてページ①に訪問したとき、ページ①のリファラーはGoogleになります。

リファラーを見ることで、

  • どこからユーザーがサイトに入ってきたのか
  • サイト内でユーザーがどのような動きをしているのか
  • 流入してきたユーザーの検索キーワード(検索エンジン経由の場合)

を知ることができます。

直帰率とは?

『直帰率』とは、サイトに訪れたユーザーが最初に見た入口となるページを見てそのまま離脱してしまう割合を言います。

ちなみに、離脱とは、

  • ブラウザの戻るを押して戻る行為
  • ブラウザを閉じる行為
  • 別サイトのリンクをひらき別ページに行く行為
  • 30分サイト内で動きがないとき
  • 日付が変わるとき

このような場合です。

離脱率とは?

では、『離脱率』とは何なのでしょうか?
『直帰率』と似ていますね。間違えないように覚えましょう!

『離脱率』とは、ページに訪問されたセッション(入口となったページからサイトを離脱するまでの一連の流れ)において、サイト内の他ページに行かずにサイトを離脱してしまった割合のことです。

重要なページ(注文フォームのページ等)での離脱率は、非常に大切です!
離脱率が高いようなら対策を考えましょう。

説明だけでは分かりにくいので、例を見てみましょう!

直帰率と離脱率の違い

下の図のような6つのセッションがあります。

この場合のページAの直帰率と離脱率について見ていきましょう!

まず、直帰率。

ページAから始まるセッションが①、③、④、⑥の4回あります。
そのうち、すぐに離脱してしまっているものが2回。

よって、ページAの直帰率は50%となります。

では、次に離脱率。

ページAに訪問しているセッションが①、③、④、⑤、⑥の5回あります。
そのうち、ページAで離脱しているものが3回。

よって、ページAの離脱率は60%となります。

根気強く用語を覚えるところから!

『直帰率』や『離脱率』のような似た用語に惑わされる方もいると思いますが、
根気強くアクセス解析を行い覚えていきましょう!

■関連記事

【初心者でも分かる】アナリティクス理解の第一歩!PV・UU・セッションの違い